ら〜めん担担 大阪市淀川区 阪急十三駅 メニューがラーメンのみの店

ら〜めん担担 十三

ラーメン専門店

【TEL】不明

【住所】大阪府大阪市淀川区十三東2-11-6

【交通アクセス】
阪急電鉄神戸本線・京都本線・宝塚線
各沿線「十三』駅東口より徒歩1分

【営業時間】18:00~24:30

【定休日】日曜日

【その他】カード使用不可

創業昭和59年。
元々はしょんべん横丁にあったお店ですね。

開店と同時に行列が出来る店。
回転が早いので長蛇とまではいかないのですが大体店前を通るといつも誰か待っていますよね。

おそらくここのお店の紹介をする場合に出てくるのがまず名前でしょう。
知っている方からするとまたその話かよって感じですかね。

辞書で調べると
店名『担担』の意味は
①土地・道路などの平らなさま。 「 -とした道を歩く」

大した波乱もなく物事の過ぎて行くさま。平凡なさま。 「 -たる生涯」
おそらくここから取っているのでしょう。

と思っていたのですが他に
《荷を担ぐ》という意味もあるみたいですね。

店の看板からするとこれが正解でしょう。

店内の座席はL字カウンターのみ。
ラーメン屋さんなのですが女性の1人客も多いですよ。

座席につく前にウオータークーラーで水を先に汲んでおくともう一度立たなくていいです。

メニューは
『らーめん』700円税込のみ

これが最初の店名の話に続くわけです。
そうです。
名前からおもい浮かぶであろうあの商品が無いということですな。

そしてこの単一メニューのため座席に座った時点で注文したものとみなされます。

ラーメンが出来て渡される時に
ライスいるのかの確認があり。

ご飯は二杯まで無料です。
(らーめんのおかずにどうぞって書いていますwww)

キムチ・ニラ・紅生姜・ニンニクは入れ放題

麺は大阪市北区の大弘軒製麺所のですね。
ってあまりよくは知らないです。
はい、知ったかしました。

チャーシューは大きのが3枚乗りますよ。
おそらく脂の多いのと少ないので2種類入れてくれているはず。
どちらが二枚かは分かりません。

このチャーシューが
箸で持ち上げようとすると切れてしまうぐらいの柔らかさなのですな。

独特な雰囲気を持っているお店。
ミナミの某有名店を思い出します。

向こうは立ち食いですがね。

そして《17年09月某日》
天ぷらの【はせ川】でちょい控えめの食事をし久々の担担へ
(※店名をクリックすると訪問時の記事が読めます)

相変わらずメニューが単品で

ブロガー泣かせなお店。
黙って水を入れカウンターへ着席

珍しく先客が3名のみ!ワオ

生姜とニラは食べません。

キムチはご飯にもよく合います。

そして食っている最中に

一気に行列が・・・

相変わらず美味い!!!

【2017年11月某日】
かなりなヘビーローテション訪問になっています。

今回はラーメンにキムチをぶっ込み食べます。

阪急十三駅での〆には今やルーティーン化のお店。

次の訪問時はどこを撮りましょ笑

詳しくはお店に確認を!

このお店の【食べログ情報】を見る


▼人気グルメブログ一覧▼

【関西食べ歩き】
【大阪食べ歩き】
【兵庫・神戸食べ歩き】
【関西人気ブログ】


スポンサードリンク